いちごがいっぱい!お米も美味しい!笑顔を生産する観光農園ファームランド

いちご狩りとお米のイメージ
ホーム / お米の販売 / 米作りに対する熱い思い

ファームランドの米作りに対する熱い思い

ファームランド代表

ファームランドは、元をただせば、米作りだけの専業農家でした。生産者米価の著しい低下のために、いちご作りを取り入れ現在に至っています。

ファームランドのお米は、完全無農薬でも有機栽培でもありません。ただそれに限りなく近い物です。
私が思うに、「完全無農薬米・完璧な有機栽培米と言うものは、日本国中探してもほんの一握りでしかできない」ということです。
なぜなら、水田というものは、大量の水を河川から取り入れます。その水が危ないのです。都会では、下水道が、完備されていますが、下水道のない田舎の生活排水・遊戯施設・工場・ガソリンスタンドなどの排水は、河川に流れ込む状態です。いくら無農薬と言っても、水が命のお米作り、どうも変でしょう。

それから、有機栽培というのは、家畜(牛・豚・鶏)の排泄物を主にして作った肥料が一般的です。
汚いと思うくらいならまだいいのですが、実は、怖いことが隠れています。
日本中の家畜が食べている飼料(エサ)は、ほとんどが輸入品です。(だから狂牛病いわゆるBSEが発生)この輸入の際、船に積み込み長旅ですから、相当量の殺虫・殺菌剤が混入されます。(人間が食べる輸入食品でさえ、残留農薬が問題になっています。)これを、日本中の家畜が、食べてたい肥の元を排泄します。

どうですか?完全無農薬・完璧有機栽培の両方を満たす、お米(野菜も含む)は、探すのがちょっと難しいでしょう。

だから私は、「ファームランドのお米は、低農薬で、有機栽培に近い物です」としか、言えないのです。
あとは、実際に食べられてから判断して下さい。

おそらく、かなり安全で美味しいとちょっと自信を持っています。(ほんとは、自信たっぷり)